脳の血流を良くする方法.com » 健康食品と青汁

健康食品と青汁

健康食品といえば青汁、と連想される方も多いですが、その通り青汁は健康維持のためにとても優れた材料です。

なぜ連想するのか、これは、青汁が苦いものであり、健康にはいいが風邪の薬などに似ていて飲むのがつらいもの、というイメージが浸透しているからだと云えます。

しかしながら、最近では、この不味い青汁、というイメージを払拭するようなものがほとんどで、より美味しく健康維持できるということから、常用される方も増えています。ビタミンをミネラルなどをバランスよく含み、その他の微量の人間の健康に必要な栄養素もたくさん含まれています。

青汁にも種類があり、そのまま飲めるようなタイプもありますが、冷凍されたものや粉末、粒状に加工されたもの、フリーズドライなど様々です。

冷凍ものは保管が効くというメリットがある反面、解凍してすぐに飲まないと栄養成分が減ったり、味が急激に落ちるというデメリットもあります。また粉末タイプは生の感じが薄いため飲みやすく、また携帯性も高いため旅行などでも飲むことができたり、長期保存にもメリットがあります。

栄養成分としては、ビタミン、カルシウム、そしてマグネシウムが代表的なものです。ビタミンAやC、Eなどは活性酸素の働きを抑える効果があり、老化の促進や生活習慣病の危険性を解消できます。

またカルシウムはお馴染みの骨や歯を丈夫にする働きがあります。骨や歯を丈夫にするためには不可欠で、この働きをよくするためのビタミンD、マグネシウムなども青汁だけでまかなうことが可能です。またマグネシウムは血圧を調整したり、エネルギー生成の補助としても機能します。

青汁はサプリなどのように食後の摂取が最も効果が高いということはなく、ほぼいつ飲んでも構わない健康食品です。

定期的に飲むと、忙しさの中ではあまり気にならなくなるものですが、逆に青汁は健康に気を使う時間帯に摂取することで、ストレスの発散にも効果が高いと言えます。早朝や入浴後など、好きな時間帯に用いるのが効果的です。