脳の血流を良くする方法.com » 腰椎すべり症の症状

腰椎すべり症の症状

恒常的な腰痛などの症状を持ち、中高年に多い腰の異常が腰椎すべり症です。腰椎を支える身体の部位が加齢などによってその能力を衰えさせてしまうことにより、負荷に耐えられなくなり腰椎が前方へとすべることでこの腰椎すべり症が起こってしまいます。

腰椎すべり症の主な症状が冒頭でも既述したように恒常的な腰の痛みです。また、場合によっては身体が重く感じることや、だるく感じることがあります。

この原因として考えられるのが神経を圧迫していること、また筋肉の疲労です。まず前者の神経の圧迫ですが、すべり症によってすべってしまった腰椎は正常な位置とは異なる場所に存在してしまっています。

この異常な状態の中で、ある特定の姿勢・体勢取った場合に脊髄に触れるといったことが生じると、神経痛が起こり痛みを感じてしまいます。

また、これにより重さ、だるさといった違和感を起こしています。次に筋肉の疲労ですが、腰椎がすべりを起こしているのは何度も言うように正常な身体の状態ではありません。つまりは身体に歪みが生じています。

それにより、本来あるべき身体のバランスが失われ、一部の筋肉に異常な負担がかかってしまいます。この負担に耐えられなくなり、痛みを生じる原因となります。

すべり症で現れる痛みなどは以上のようなメカニズムで発生しているケースが多くなっています。ですが、問題なのはこれらの症状が急速に進むことが無いということです。

腰椎すべり症というのは少しずつその症状が進むという特徴があり、少しの痛みや違和感を放置している間に、いつのまにか慢性的な痛みを抱えてしまうということになってしまいます。

このようにすべり症はどうしても症状を軽く見ることによる対応の遅れが起きやすくなっています。腰痛の際には一度注意してみることをお勧めします。