脳の血流を良くする方法.com » 腰痛を解消する方法

腰痛を解消する方法

腰痛の治療法といえば、やはり保存療法が基本です。急性期には鎮痛剤を用いたり、牽引や温熱などが主体となる、と治療方針を組み立てる病院がほとんどですが、最終手段、つまり手術を回避するためにも、もっとも効率よく、もっとも効果が高いように保存療法を駆使することが必要です。


また急性期が過ぎれば、対症療法としての治療よりも、リハビリによる改善の治療が主体となります。ヘルニアでもそうです。

ヘルニアは骨が突出してしまうやっかいな病気ですが、手術でしか治せないのではなく、外部から様々な刺激を与えることが不可欠です。

では腰痛解消法としてよく用いられている方法とは?答えはストレッチや体操です。ストレッチは1日の終わりの疲れが溜まった時間に、または入浴後などに行うのが基本です。

具体的な方法の例として、まず足を肩幅程度に開いて立ち、そのままゆっくりと前屈していって腰を伸ばします。膝は軽く曲げた状態にして、首と腕などもできるだけリラックスした状態を維持するのがコツです。

これだけでも腰痛にはとても高い効果を得ることができます。保存療法は様々な組み合わせを的確にアレンジすることが大切ですが、ストレッチはどのような場合でも用いることができる、とても安易で扱いやすい治療法です。

腰痛は慢性的な疾患です。このことで一生付き合っていくのが運命だ、と諦めてしまう方は少なくありませんが、正しい治療法を用いることがなかなかできない、という方がほとんどです。

腰痛は解消することが絶対にできる、と言うことも難しいかもしれませんが、そのためには、まず自分の腰痛がどのようなものかを知り、状況に応じて最適な解消法を見出すことが大切です。

病院、整体、整骨やカイロ、鍼灸、スポーツ外科など、あらゆる治療法を駆使している、とはいっても、このことがうまくできないことにはやはり意味がありません。医者任せの治療にならないように、医師とのコミュニケーションをよくすることも大切です。