脳の血流を良くする方法.com » 変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは


変形性膝関節症とは、この病気の名称からするとあまりにも聞きなれない言葉であるといえます。しかし、中高年になってくると4割前後の人が、この変形性膝関節症にかかっているといわれています。

ですから、変形性膝関節症という病名を知っていなくても、この病気であるという人はたくさんいるわけです。医者も正式な病名を伝えない場合もありますが、ちゃんとした診断と治療を行っています。

この変形性膝関節症の症状とはどのようなものでしょうか?関節の軟骨が磨り減って痛む病気です。変形というのは、この関節の軟骨が変形するということなのです。

膝が曲がっているとか、湾曲しているということではありません。ですから、変形性膝関節症は、見た目にはほとんど分かりません。

それに高齢者に多いからといって誰でも老化したらかかるわけではありませんし、変な理由をつけて放置しておく人もいますが、そのままですと膝の部分ですので、悪化するスピードも速くなってきます。

悪化してしまうと最悪の場合は歩けなくなりますし、酷い場合には、手術を行うこともあります。手術には時間もお金もかかります。

術後のリハビリについても、相当な苦労と時間がかかります。そうなる前に治療してしまうのが、得策ではないでしょうか?

完治しないまでも病気の進行を遅らせていけば、快適な生活を送れます。特に中高年の老後において、膝が痛くなり、歩くことをやめてしまい、結果的に運動不足を招くことになります。

運動不足により、体が肥満になる可能性も高くなり、他の病気を引き起こすもとです。脚が健康であるということは本当にありがたいことなのです。

このことは特に膝が悪くなってから初めて気がつきます。先ほども申し上げたように、変形性膝関節症になる確率は高い病気です。

ですから、痛みを我慢したり、年齢のせいにして諦めないでください。変形性膝関節症治療は長期間かかり、もしかしたら、死ぬまで続きます。

しかしながら、体を動かすことは一生ついてまわりますので、治療にも楽な方法はありません。私たち自身が持っている自然治癒能力を最大限に使いながら、病気に向き合っていきましょう。

膝の痛みを自分で治す方法をご紹介しています