脳の血流を良くする方法.com » 花粉症を治療するためのブロック注射

花粉症を治療するためのブロック注射

目や鼻がぐずぐずなってしまうという花粉症に悩まされている現代人が多くなってきています。これは人間の体が花粉に対して花瓶に反応してしまって、体に入ってきたものを退治しようとする反応をしているときに起こる症状なのです。

このような花粉症の治療には、抗アレルギーの薬を服用したり、花点薬や点眼薬というものを使うことがあります。

しかし、この治療法では、眠気や気だるさといった副作用があるので、普段の生活に多少なりとも支障が出てしまいます。また、点鼻薬では薬が鼻の粘膜に刺激を与えてしまうので、症状が悪化してしまうことも考えられるのです。

そして、これはとても問題になっているのですが、妊娠中の人には使うことができないのです。そのような状況の中で、最近になって注目されているのが、星状神経節ブロック注射なのです。

星状神経節ブロック注射は花粉症のブロック注射として認められ、妊娠中の人でも安心して受けることができるようになっています。しかし、星状神経痛ブロック注射はアレルギー反応を抑制するわけではありません。

鼻の粘膜を正常にすることによって、アレルギー反応があったとしても動じないようにするのです。具体的に説明していくと、星状神経節ブロック注射を行なって、興奮状態だった交感神経を沈静化させていき、血流が悪くなってしまっていた鼻粘膜を正常な状態に戻していくのです。

だいたい20回程度行なっていけば、ブロック注射の効果が出てくるので、根気良くブロック注射を行っていくことが必要になってきます。

また多くの患者さんは、きちんとブロック注射治療をした翌年には前年度よりも出てくる症状が軽くなっているということが報告されています。ですので、この星状神経節ブロック注射には予防効果もあるとされていて、アレルギー性鼻炎の切り札ともされているのです。症状が厳しい人は受けてみるのもいいでしょう。