脳の血流を良くする方法.com » しびれと麻痺

頚椎ヘルニア

しびれと麻痺

頚椎ヘルニアは症状が初期の段階ではしびれや麻痺などの症状が比較的軽度で、病状自体を意識していないことが多いですが、病状が深刻になると、麻痺やしびれ、痛みなどを伴うことがあります。

頚椎のしびれや麻痺自体は、頚椎ヘルニアの初期の段階ではそれほど目立ったものではなくても、頚椎ヘルニアの症状自体が進行することによって、明確な痛みや、しびれ、さらに悪化すると体全体の麻痺などにつながることがあります。

この過程で、歩行障害、便秘、筋力の低下、排尿障害などが引き起こされることがあります。

頚椎ヘルニアは加齢とともに進行する病気でもあるため、本人がヘルニアと自覚をしていないまま、さらに病状を悪化させていることがあります。

頚椎ヘルニアのしびれ自体は、指先や肩、腕など一部のこともあれば、体全体に及ぶこともあり、圧迫されている脊髄、神経根によっても症状が違います。

頚椎ヘルニアで圧迫されている神経によって、指先への影響が分かれることもあり、左右どちらかの指先のしびれや、後頭部のしびれだけに限定されることもあります。

また頚椎ヘルニアでは、左右どちらかの神経だけが圧迫されているときは、影響が、右の神経部位が圧迫されているときは、左の神経がさらに圧迫されるようなことになり、左右対称に影響が現れることがあります。

本人自身が、突然の痛みやしびれで頚椎ヘルニアを自覚しい、手足とうの筋力の低下を自覚することもあります。

症状がひどくなると体全体の神経にも影響され、生活自体に支障をきたすことになるので、場合によっては外科手術が必要になることもあります。

また、しびれの他に知覚神経にも影響が表れ、患部や指先などで触覚や熱さや冷たさなどの熱に対しても反応が鈍くなります。

また、熱さ、冷たさを誤認識してしまうこともあり、冷たいものを触って、熱を感じてしまうようなこともあります。

しびれや麻痺の症状が深刻になると、次第に体を動かすことも難しくなり、限定した部位だけではなく、全身に影響が及ぶこともあります。