脳の血流を良くする方法.com » 健康になる眠り方

健康になる眠り方

身体の不調を回復する際色々な手段をとることになると思いますが、そうした方法の一つである睡眠は非常に大きな効果を発揮します。

横になって身体を休めるのは身体の疲れを取ったり不調を回復させたりと健康な身体を取り戻させてくれますが、単純に何時間も長く寝るようにしてしまうと逆に眠りすぎにより新たな病気などに掛かる可能性も出てきます。

睡眠による体調の回復を狙う際に重要なことは睡眠の時間ではなく睡眠の質にあります。睡眠による身体の回復は睡眠法を変える事でさらに身体を回復させることができるのです。

睡眠には深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠があります。身体が休まるのはノンレム睡眠の時なので、このノンレム睡眠のタイミングの時に朝を迎えないようにすると高い回復効果が狙えます。

その理由は人間に備わっている体内時計にあります。この体内時計によって人の身体は朝方活動を開始するようになっており、この時ノンレム睡眠だった場合は深いはずの眠りが浅いものになってしまいます。

この状態からさらに眠ろうとしても中々深い眠りの状態にはならず身体を思い切り休めることが出来ません。逆に外が夜の状態にノンレム睡眠の状態になれば身体はしっかり休めることが出来るのです。

さらにこのノンレム睡眠の時はホルモンが多く分泌されており、子どもの場合は成長ホルモンが一番多く出るタイミングだったり体内時計を合わせるための大事な時間でもあります。

子どものうちに夜更かしを続けて体内時計がずれてしまったら普段の生活を送る際疲れが溜まりやすくなったりなどの障害が現れる場合があります。

睡眠は大人のみならずむしろ子どもにこそ必要とされている時間です。最近は特にお子様の寝不足問題が大きな問題になっており、全世界の平均の1時間以上は睡眠時間が短くなっているそうです。

お子様を持つご家族では子どもの早寝早起きを徹底させるようにしてください。健康な人生は健康的な睡眠を行うことによってもたらされるのです。