脳の血流を良くする方法.com » 脊柱管狭窄症時の運動時にコルセット

脊柱管狭窄症時の運動時にコルセット

脊柱管狭窄症の治療のために運動するときには、コルセットを付けながらすると良いのでしょう。この器具は、脊柱管狭窄症の症状を出しているところを圧迫しないようにすることができるものです。

故に、症状を出さず、且つ良い姿勢で運動をするこができるでしょう。と言っても、コルセットを使う時は、運動内容をしっかりと考えてから使ってくださいね。

例えば体操やストレッチなどをする時に、これを使っても意味がありません。それどころかやりにくいでしょう。ですが、ランニングやサイクリングなどなら問題ないでしょうね。

ちなみに、結構症状がある場合は、軽い体操の時も付けておくと良いでしょうが、激しくしないようにしてください。あまり激しく動いてしまうと、場合によっては破損することもあるので、注意しましょうね。

上記でも説明したように、このような装具を用いることで良い姿勢で動くことができます。その状態で、脊柱管狭窄症の元となるところを解消することが出来れば、バランスよく体を作ることができるでしょう。

脊柱管狭窄症の場合、バランスよく実践しないと悪化することになります。故に、コルセットを使うことはかなり良いことでしょう。

まあしかし、バランスよくできる自信があればこのような固定は必要ないので、必ずしもこの装具が必要とは言いません。ですが、少し動いただけで痛い場合は、しっかりと固定することをオススメします。

ちなみに、付ける場合には、締め過ぎないようにしてください。キツすぎると動きにくいです。それに破損することもあるので、注意してくださいね。

ですが、緩すぎると効果が出ないのでよく考えて付けましょう。ただし使いどころを間違えると逆に悪化することもあるので、使いところを間違えないようにしてくださいね。