脳の血流を良くする方法.com » 腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症

腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症

背骨の中心には脊柱管という脊髄をいれる管があります。つまり運動や知覚といった機能に重要な脊髄は、局囲を背骨によって外力から守られているのです。

この脊柱管が何らかの理由で狭くなることを脊柱管狭窄症といいます。腰部の脊柱管が狭くなって馬屋神経や神経根、あるいはここに集まっている血管を圧迫している状態が腰部脊柱管狭窄症です。

腰部脊柱管狭窄症とは、とくに腰の部分では狭窄が生じやすいので、そこを通過する馬尾という神経が圧迫されて、足の痛みなどを起こす病気のことをいいます。

どの程度の圧迫があれば、この病気が起こるのかは明らかではありません。

ほとんどの症例は、年をとるにしたがって脊柱管の周囲の骨や関節あるいは筋(靭帯)が分厚くなったり(肥厚という)、椎間板や関節のゆるみにより脊椎にすべりが生じて発症する変性性腰部脊柱管狭窄症です。

50歳代から始まり、おもに60歳~70歳代に最も多く起こり、多くの高齢者の日常活動、とくに歩行能力を奪っています。

脊柱管が狭くなるのは加齢的な変化で椎間板が変性し脊柱管のまわりで骨棘ができた結果生じるもので、変形性脊椎症の特殊型と考えていいでしょう。ある意味では生理的なものと考えられています。

では、他にはどんな理由で脊柱管が狭くなるのでしょうか?

①生まれつき狭い場合(先天性)や、成長途上で十分に広い脊柱管ができなかった場合(発育性)、
②脊椎分離すべり症にともなう場合、
③ケガの後に起こる場合、
④脊椎の手術後に起こる場合などがあります。
⑤これらに腰椎椎間板ヘルニアがともなって、症状が出やすくなることもあります(混合型)。

以上の狭窄症は、比較的若い時期からあらゆる年代にわたり発症する可能性があります。

椎間板ヘルニアを30日間で改善させる治療法をご紹介しています。