脳の血流を良くする方法.com » マンションリフォームの注意点

マンションリフォームの注意点

マンションリフォームでは、様々な制約が出てくるので、注意が必要です。例えば、エアコンを増やしたいと思った時に室外機用の配管を通す穴がない場合にはコンクリートに穴を開けなければいけません。

しかし、コンクリートの壁は共用部分なので、基本的には穴を開けることはできません。室外機を固定しなければいけないバルコニーも共用部分なので、管理規約などに従って設置を行なわなければいけません。

他にも、床材をカーペットからフローリングに変更するときには、音がなるということで問題になってしまうこともあり、管理組合に届出や承認が必要になってきます。

玄関や窓、バルコニーといった部分は共用部分に指定されているので、勝手に手を加えて別のものにすることができないのです。

このようにマンションには制約が色々とあって、工事を行なう時には管理規約に沿った手続きが必要になってきます。

自分のマンションの管理規約をしっかりと良く読んでおいて、所定の手続きを漏れがないように行い、後々トラブルなどが起こらないようにしましょう。そして、自分達が考えた理想のお部屋にしてください。