脳の血流を良くする方法.com » 腰痛と産後、骨盤

腰痛と産後、骨盤

産後の時期に起こる身体の異常として、腰痛になる方は多くいらっしゃいます。またこの腰痛は大きく分けて2つのタイプがあり、1つは出産そのものによる腰の痛み、またもう1つは子育てをすることによる腰の痛みです。

出産をするということは妊娠の長い期間があります。またこの妊娠の期間において、姿勢がどんどん悪化することでも腰痛が現れます。

お腹が大きくなれば、重心がずれてしまい、その影響が最も来るのが腰です。腰を反らせるようにしなければ、お腹が落ちそうになって足も不安定になってしまいます。

また出産後の腰痛としては、恥骨結合の問題があります。骨盤はホルモンの作用によって緩んできます。これは産道を赤ちゃんが通るためには必須の作用ですが、このことで特に影響を受けやすいのが、恥骨結合の部分です。

その他には仙腸関節という関節にも負担が大きくなりがちです。この部分は常に靭帯が支えていますが、出産をすると関節が緩くなり、腰痛にも影響します。

また骨盤を支えるために重要な筋肉、骨盤底筋が出産によって緩むと、尿漏れやひどい場合は咳をしただけでも失禁してしまったり、慢性腰痛になる可能性を高めます。

このように出産、妊娠時も産後も、母体には負担が大きくかかりますので、状況に応じた様々なケアが必要です。

例えば恥骨結合や仙腸関節の問題があるケースでは、専用のベルトを装着する、また骨盤底筋のトレーニングをする、そして全般的に言えるのが適度な運動をすることです。

子育て時期のケアとしては、まず無理な姿勢で赤ちゃんを抱っこしないことが大切です。3キロほどもある赤ちゃんを常に大事に支えなければならないのですから、腰にも肩にも膝にも影響は大きく出がちです。

特に産後の2ヶ月程度は、妊娠前の状態に回復するための重要な時期ですので、専門家にみてもらいながら適切なケアをすることが大切です。婦人科、また鍼灸などでも治療を受けている方が多いようです。