脳の血流を良くする方法.com » 睡眠時間は健康を左右する

睡眠時間は健康を左右する

健康にとって必要なものというのは多くのものがありますが、中でも重要なものの一つに睡眠があります。

しっかりと寝るということは健康にとってとても重要なことですが、なぜ健康と深く関係しているのでしょうか?

健康というのは主に病気になりにくい元気な身体というのが基本だと思います。それには免疫力というものが関係しているのを知っていますか?

免疫力というのは身体にとってとても大切な力でこれが衰えてしまうのと病気になりやすい身体になってしまうのです。

この免疫力を高めることができるのが睡眠なのです。つまり、しっかりと眠らないと免疫力が弱まり。病気になりやすい身体になってしまうというわけです。

現代の日本人の多くは睡眠不足に陥ってしまっている人が多く、この免疫力低下が問題になっています。これだけが原因というわけではありませんが、このことも大きくかかわっているのです。

ではこのような状態をを解消するためにはどのようにしたらいいのでしょうか。睡眠というのは実は2種類のものがあるのを知っていますか?

ノンレム睡眠とレム睡眠です。名前だけならば聞いたことがある人もいると思いますが。これはどのようなものなのでしょうか?

ノンレムというのは脳と身体が両方眠っている状態のことです。つまり、しっかりとすべてを休ませている状態ですよね。

次にレムというのは、身体は休めているのですが脳が起きている状態のことを言います。この時に人間は夢を見るのです。

この二つを交互に繰りかえすことがより良い眠りと言えるのです。これは1時間半ごとに周期があるので3時間の周期で寝ることができればしっかりとしたとることができているといえます。

なので、どうしても夜寝るのが遅い、朝早く起きなければいけないという人も最低でも3時間寝ることができれば十分なのです。このような工夫を意識して行えば健康的な生活を送ることができるようになるはずです。

健康になりたいと思っている人はまずは眠り方から変えてみて下さい。