脳の血流を良くする方法.com » 整体院を開くための資格

整体院を開くための資格

近年における健康ブームも相まって、整体というものも度々テレビや雑誌などで取り上げられることが多くなってきました。整体院などという単語も耳にしたこと位はありますよね。

整体とは人間の身体のコンディションを整えるもので、主に手や足、ひじなどを用いて歪んでしまった骨盤の矯正や、身体全体のバランスを整えることで、私たち人間に生まれ付き備わっている、自然に治癒を行う作用をより効率的にするといったことが期待できます。

さて、この整体の効果が注目されるようになり、整体院を開業したいという方も増加してきているのが現状です。さて、その整体院で施術する人を「整体師」と言いますが、どのようにすればなることが出来るのでしょうか。

実はですが、整体師というのは医師や柔道整復師、鍼灸師などとは違っていて、国から認められた国家資格ではなく、民間資格に分類をされます。

もっと言えば、整体の施術をするに当たって必ずしも必要となるものではないので、もしたった今から整体師になろうと思えば法律上は整体師になることは出来ます。ただし、これはあくまで法律上の話であって、もちろんですが現実に整体院をやるという話となるとそうは行きませんよね。

では、現実の話となりますが、整体というのは資格自体必要とならなくてもしっかりとした技術が求められます。

よって、整体院をやろうとする多くの方々は専門学校などで整体の基礎などを学び、整体の専門学校でしたら整体師の認定を貰い整体院に努めたり、整体院開業のための一歩を踏み出しています。また、一言に整体と表してもそれには種類があり、中国整体やスポーツ整体、美容整体などのジャンルがあります。

何度も言うように資格があるわけではありませんが、自分の得意の分野を持つことで世に出て活躍をするチャンスを広げることが出来ます。

以上のようなことから今度は患者側の視点に立つと、通院する整体院の選び方に、資格というのはあまりあてにならないというのがわかりますよね。それよりも、周りからの評判や実績に重きを置くことで、通うべき整体院を決めるのがベストです。