脳の血流を良くする方法.com » 咀嚼がもたらす効果

脳を咀嚼で血流を良くする

しっかりと咀嚼をすることで脳を活性化し、老化を防いだり記憶力を上昇させることができます。顎を丈夫にすることや、消化に良いという意味ではゆっくり噛むことが大事というのは十分に知られていますが、脳の活性化にも重要な役割を果たしているということはまだ意外と知られていません。

何かアイディアが欲しいときや考える時など、ガムを噛んでいると良い考えが浮かびやすいという人は一定数います。

何か考え事をする時に良いとよく言われるのは散歩や軽くストレッチをするなど体を動かすことで脳をリフレッシュすることですが、実は咀嚼でもそれと似た効果を得ることができるのです。

この効果はすでに実験でも証明されていて、硬めの食材をしっかりと噛んで食べることで血流量が増えることがわかっています。

とある実験ではガムを噛んだ人と噛まなかった人に分けて、間違い探しなどの認知能力テストを行ったそうです。結果、ガムを噛んだ人の方が正答率が高かったということです。

このような実験から、ガムを噛むことで脳を活性化させ、記憶能力や思考に良い影響を与えてくれることがわかります。普段からしっかり噛むようにしていると、痴呆症や物忘れの防止にもなります。

脳トレーニングや運動をするにはそのための時間を取らなければいけないので、現状に問題を感じていないとなかなか腰を上げることができなかったりします。

しかし、しっかりと時間をかけて噛むというのは毎日の食事の中でちょっと意識するだけで行えることですので、非常に簡単な血流を良くする方法と言えるでしょう。

最近ではこの重要性は少しずつ広まっていて、噛む習慣を増やすためのガムというものもあります。今の日本では柔らかい食べ物が多いために、食事の時にしっかり噛むようにしても、本来必要な回数には足りないという医者もいます。

そういった咀嚼回数の補助のために、噛むトレーニングを行うためのガムが発売されているのです。このようなガムは、歯科医院などで取り扱っていますので、歯科医に相談しつつ、自分の状態にあったものを購入して試してみてはどうでしょうか。